長い歴史と経験豊富

会社概要・沿革

  • HOME »
  • 会社概要・沿革

号/株式会社三川
代表者/代表取締役社長 寺田陽一
所在地/〒840-1101佐賀県三養基郡みやき町大字西島2973

TEL0942-96-3304 FAX0942-96-3308
URL http://www.mikawa.or.jp/  E-mal:

立/昭和25年3月1日(1950年)(創業昭和23年1月)
資本金/1,000万円
社員数/40名
主な取引銀行/佐賀共栄銀行、筑邦銀行、福岡銀行、商工中金、三井住友銀行
昭和23年1月 三川鉄工所として瓦・農機具の製造販売を創業する
昭和25年3月 三養基郡三根町大字市武の地に三川鉄工企業組合を設立
昭和31年 事業内容を紙器製造へ転換
昭和43年 段ボール機械販売を目的とした株式会社丸松の設立に参加
昭和45年 段ボール積上げ用機械(スタッカー)の生産を開始
昭和45年9月 組織及び社名を三川鉄工協業組合へ変更
昭和45年11月 現在の三養基郡三根町大字西島に工場を新設
昭和56年 M&M(段ボール自動平盤打抜き機)オートプレス1号機を大阪展示会に出展し好評を得る。
昭和56年10月 発明考案コンクールにより、特賞受賞(バイブレーションカウンター)
昭和58年 M&Mの海外輸出を開始(オーストラリア)
昭和58年11月 発明考案コンクールにおいて、特賞受賞(M&Mオートプレス)
昭和62年 現住所に事務所移転登記
昭和63年 現住所に部品加工工場新設
平成元年 従来のM&Mにカス取り装置を付けたSAPV1285を製造販売、好評を得る
平成 4年 フロントグリップ型段ボール自動平盤打抜き機を製造販売
平成 5年 エアーロックスリッターの製造販売開始
平成10年 フロントグリップ型カス取り装置付き段ボール自動平盤打抜き機を製造販売
平成12年 フロントグリップ式自動平盤バイブレカス取装置付き(アバンス21)の製造販売開始
平成18年3月 フロントグリップ型でのオス型・メス型による完全カス取りの発想からオス型のみによる完全カス取りを実現した
スーパーアバンス21の開発、製造販売開始
平成21年4月 スーパーアバンス21のオス型落丁ユニットとバイブレーションユニットの2つの屑落丁を1つのユニットにまとめた
デュアルストリッピングユニットを開発し高速化(5,000枚/時)・より短いセットアップ時間(2分)・
機械設置省スペース化を実現したアバンスIIの開発、製造販売開始
平成23年3月 組織及び社名を株式会社三川へ変更

自動平盤打抜機のことならお気軽にご相談ください。 TEL 0942-96-3304

PAGETOP
Copyright © 株式会社 三川 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.